« 2009年12月27日(日) | Main | 2009年12月29日(火) »

December 28, 2009

2009年12月28日(月)

午後、家人が歯医者に出かける。留守番。俳優の桜井幸子さんが、公式サイトで、今年かぎりで芸能活動を引退すると表明していた。残念なことだ。いくつかの演じた役の印象から来るものだと思うが、すべての感情に対して、それを抑制するような表情をするので、つねにどこかうすくかげりがあって、ただし笑顔になるときだけは、いきなり花が咲いた感じになる、そんな雰囲気に惹かれていた。

若い俳人の作品をまとめて読むことができたので、すでにこのブログでも繰り返しとりあげているが、合同句集『新撰21』(邑書林)の反響をいろいろなところで見かける。諸事情から抑圧されていたものが一気に噴き出したように見えるのは、自分の思いこみも多少あるだろうか。いずれにせよ、「週刊俳句」等をゆるやかな焦点とした、俳壇に向きながら俳壇に完全には入ってしまわない/入れない動きがあって、そこに一つのかたちが与えられたことで、瞬間的に加速化しているのは事実だろう。さらに何かをと期待するが、とりあえずは『新撰21』の好評を、愛読者としてよろこびたいと思う。

きょうの一首。

 いま見えた雲がもう見えないやけにけふは十二月が目にしみる/荻原裕幸

|

« 2009年12月27日(日) | Main | 2009年12月29日(火) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2009年12月28日(月):

« 2009年12月27日(日) | Main | 2009年12月29日(火) »