« 2010年11月11日(木)/島国感覚 | Main | 2010年11月13日(土)/次女の夫 »

November 12, 2010

2010年11月12日(金)/すみません

どんな業種の店でも、店員さんに、お客様何々いたしましょうか? と言われて、すみません、ではお願いします、と答えると、当然のことながら、そのサービスを受けることができる。ところが、ありがとう、ではお願いします、と答えると、そこそこ高い確率で店員さんにスルーされてしまう。以前は、え? と思ったりもしたが、どうやら、ありがとう、の部分が、結構です、の意味だと誤解されやすいらしい。ありがとう、ではなく、すみません、が現在の感謝のことばのスタンダードなのか。

 街路樹にもし足あればいずこへと駈けぬけるその冷たい足で/青柳守音

第一歌集『眠りの森』(一九九八年)に収録された一首。街路樹は、来る日も来る日もあのように立たされっぱなしで、もし仮に足があったら、ずいぶん冷たくなっているに違いないその足で、どこかに逃げ出してしまうのではないか、と、非現実的な仮想を展開しているわけだが、そこには、意外にはっきりと、一人称の現実的な意識が投影されているようだ。駈けぬけると想像したり、冷たいと感じるのは、そう語る自身の日常を街路樹に重ねて考えているからだろう。足が冷たいのもどこかに駈けぬけたいのも、語る自身の感覚に他ならない。よく似たモチーフで「深夜こそ木は目覚めるかそののちをいかなる声で話すのだろう」という一首もあるが、比較すると、掲出の一首がいかに現実的な日常の感覚をにじませているかがわかると思う。

きょうの一首。昨日の東桜歌会に自由詠として提出した一首、を少し推敲した。初案は三句目が「あるといふ」だったが、落ち着きが悪いように感じたので、実体験に即した記述にしてみた。

 月極のコインロッカーがすみにあるが用途を思ひつかぬ冬の日/荻原裕幸

|

« 2010年11月11日(木)/島国感覚 | Main | 2010年11月13日(土)/次女の夫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40919/50137799

Listed below are links to weblogs that reference 2010年11月12日(金)/すみません:

« 2010年11月11日(木)/島国感覚 | Main | 2010年11月13日(土)/次女の夫 »