« 2010年11月21日(日)/ぱんぱぱぱぱん | Main | 2010年11月23日(火)/これは戦争ではない »

November 22, 2010

2010年11月22日(月)/塗装とか定義とか

小雪。マンションの外壁の塗装工事は、やっと最終段階の塗装のプロセスに入る。塗料が付着しないように、玄関周りや階段のそこここにこまごまとビニールの覆いがかけられて、映像などで見る事件現場さながらの異様な雰囲気である。午後、崩れ気味の天候のなか、同朋大学へ。文章表現の講義の七回目。伝えるべきもののある明確な目的をもったテキスト、と、文芸作品などの必ずしもそうとは限らないテキスト、との違いについて話した後、学生に具体的に文をまとめながら考えてもらう。

公的文書とか学術論文とか、ここに書かれているのは間違いなくこれこれこういう意味である、ということが明確になるように、決して曖昧にも多義的にもならないように、がちがちにことばでガードを固めると、たしかに読者を一つの意味へと促す文脈が構成されるのだが、しかしそれがわかりやすい文になるとは限らない。むしろほとんどの場合、少なからずわかりづらさが生じて来ると思う。ことばというのは、厳密さや正確さを苦手としていて、それらを強く求めようとすればするほど、大きな歪みに繋がるのだろう。そうやって考えてみると、谷川俊太郎の詩集『定義』(一九七五年)が試みているのは、公的文書や学術論文の文体のパロディで、厳密さや正確さを求める方向に記述をしながら、ことば本来の曖昧さや多義性を露呈させるという、詩のことばを含む、無用もしくは無目的なことばの楽しさについての、婉曲な存在証明なのだと思われる。

きょうの一首。

 雪は空から降つて来るものだと許り思つてましたと言はれて凹む/荻原裕幸

|

« 2010年11月21日(日)/ぱんぱぱぱぱん | Main | 2010年11月23日(火)/これは戦争ではない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40919/50272983

Listed below are links to weblogs that reference 2010年11月22日(月)/塗装とか定義とか:

« 2010年11月21日(日)/ぱんぱぱぱぱん | Main | 2010年11月23日(火)/これは戦争ではない »