« 2010年11月23日(火)/これは戦争ではない | Main | 2010年11月25日(木)/ペンキ塗りたて »

November 24, 2010

2010年11月24日(水)/24パーセント

名古屋市議会のリコールをめぐる有効署名が法定数を下回ったというニュースをかなり不快な気分で聞いた。河村たかし市長が主導してのこのリコールが妥当なものなのかどうか、判断しづらい点は多々ある。ただ、署名の無効率24%という数値は、異常なもので、名古屋の行政や暮らしを考えようとする以前の問題だろう。自分は、選管が署名の動きに難癖をつけているようにしか見えないのだが、どうなんだろう。きちんとした事実が知りたい。

午後、中京大学へ。オープンカレッジ「俳句を楽しむ」、秋期の十回目。きょうの題は、冬の衣類から何か自由に、ということにしてみた。出席者は10人。詠草は10句。いつもの通り、読解を中心に添削的な批評をする。いまここで、あるいは、そのときそこで、こんなことがあった、という事実的な(事実である必要はない)感触が少しでも伝われば、俳句を書くという行為は報われる。そしてその感触が伝わるかどうかは、表現にリアリティがあるかどうかではなく、ことばを連ねるプロセスを読者の視界の外に置くことができるかどうかに左右されるのではないか。詠草を読みながらそんなことを考えていた。きょうの題に即して一句。

 マフラーの奥から変な声が出る/荻原裕幸

きょうの一首。

 絶対領域しづかに見えて冬ざれの向かひのホームに六本の脚/荻原裕幸

|

« 2010年11月23日(火)/これは戦争ではない | Main | 2010年11月25日(木)/ペンキ塗りたて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40919/50440176

Listed below are links to weblogs that reference 2010年11月24日(水)/24パーセント:

« 2010年11月23日(火)/これは戦争ではない | Main | 2010年11月25日(木)/ペンキ塗りたて »