« 四月になれば日本は | Main | 春の終りの石焼芋 »

April 15, 2011

桜の街の満開の下

震災からすでに一か月を過ぎている。被災地とその周囲では大きな余震が続き、一万人を超える行方不明者は行方不明のままである。福島第一原発については、どれほどの距離を保てば安全なのか、はっきりとしない状態が続くなかで、事故のレベルをどう評価するかが取り沙汰されたりしている。テレビの編成は、常態に戻りつつあるようだが、何か奇妙な清潔感に支配されている。震災の前にはたしかにそこに遍在していた愚痴っぽい感じ(政治不信とか漠然とした不況とか高齢化などを綯い交ぜにして日本の社会に不満を抱えている感じ)が薄れて、震災にダイレクトにつながる報道系の番組と、たとえ被災者へのメッセージを添えようとも震災の具体感を一切連想させない明るい印象の番組やCMとがこもごもに流れている。一つになろう、みんなでがんばろう、等のフレーズが何回も繰り返されている。

先日、友人同士での定例の読書会があって、前回に続き、マイケル・サンデルの『これからの「正義」の話をしよう』(二〇一〇年、鬼澤忍訳)の後半を読み進めた。この本の誕生のきっかけになったサンデルのハーバード大学での講義は大人気で、日本のテレビでも放映されているらしい。政治について議論するためのテキストとしては格好のもので、少し正確さを欠く言い回しになるが、人々の良識の範囲で何とかなるのではないかと感じられる問題が、突きつめると実は何ともならないのだという結論を、これでもかとばかりにぶつけて来る。共同体主義(コミュニタリアニズム)に対して、どこかに偏見がある私には、いささか重苦しくも感じられた。共同体に理想の状態を求めることを、主張としては理解も納得もできるのだが、どうやら、世の中は何ともならない、古風な自由主義のなかで綱渡りを続ける他ない、と感じている私の意識のダークサイドのような部分が反撥してしまうらしい。

先日、所用で泥江町(ひじえちょう、と読む)に行った。泥江町は町名ではなく交差点名である。名古屋駅の側から見ると繁華街の端、那古野の側から見ると下町の端にあたる。いまや名古屋国際センターの交差点と言った方が通りのよくなりつつあるそこには、三つの角にかなり大きな桜の樹があって、とても綺麗な満開の花を見せていた。桜の季節に行ったのははじめてだった。と言うか、何回も行っているのに、そこに桜があることにずっと気づかずにいた。ひるさがりの通行人の多くは、見慣れているからなのか、関心がさほどないのか、中空に視線に向けることもなく、淡々と通り過ぎてゆく。付近のコンビニの前からぼんやり眺めていると、一人の男性が、桜に気づいて立ちどまり、眩しそうな表情で眺めた後、おもむろに携帯電話を取り出して写真を撮りはじめる。しばらくは撮った画面を楽しんでいる風で、やがて満足そうな微笑を浮かべて立ち去って行った。

 ケータイに春は小さく収まつて世はこともなくないのにしづか/荻原裕幸

先日、山崎川にかかる小さな橋に立つと、八分でもない、散りはじめでもない、満開以外の何ものでもない桜がそこにあった。花見に時間を割くだけの余裕がなく、所用で外に出た流れで慌ただしく立ち寄った山崎川は、それでも、桜の名所らしい、例年通りの艶麗な表情を見せてくれた。ほんとにただのひとひらも散ってないなと思いながら眺めていると、にわかに風が吹いて来て、花びらが宙に舞った。風が止むと、時間が止まったように花びらが宙にとどまる。やがてゆっくりと川面に向かって落ちはじめる。それから何秒も経たないうちにもう一度風が吹く。川面に向かっていた花びらが巻きあげられて、今度は橋の上に向かって迫って来る。なかのひとひらはほとんど一直線にやって来て、私の眉間にやわらかくあたった。こどもの指が触れたようなそんな感触だった。

 それ以上でも以下でもなくていまここに桜が咲いて私がゐる/荻原裕幸

|

« 四月になれば日本は | Main | 春の終りの石焼芋 »

Comments

こんばんは。記事に関して感じたことを述べさせていただきます。

どうにもならない中での綱渡りを例にとって考えると、
もし足元(のがけ)を見ながら、かつ進まないのなら、
「悲観論」のような形になるだろうし、
足元を見ながら進むのであれば、本格的な議論となるのかもしれません。
一方、足元は見ないと決めて、ひたすら前をみたり上を見るような姿勢は、前向きなCMその他の放送に見られます。
ただ、たとえ「前のアングル」しか画面に切り取られていないとしても、
画面の外にある、足元から下の危険から目をそらしていた方が、いったんは前進するという面もある。

一方では下をみつつ前に進めるという、専門家がいて、もう一方では、前だけを自然と見せる専門家がいる。

大切なのは、そこがどの程度の高さのがけ上の綱渡りであるか(綱の強度、定員もある)という設定を、
共有すること、伝えることであり、
そのうえで、いったんは前だけを向いていくというスタンスが生まれるような気がします。


桜の一首についてです。

それ以上でも以下でもなくていまここに桜が咲いて私がゐる/荻原裕幸


「それ以上でも以下でもなくて」が「いまここに」には係るまでもなく、「桜」の咲きようにも「私」にもかかっているように思います。

もっと見ていくと、「私がゐる」という六音の結句は、「私が」「桜が」と同化していくのではという予感をもたらしました。

たとえば
桜が咲いてゐて私ゐて
のように「ゐて」の二音がもし桜と私の間に挟まっていたら、
桜と私の間に結界があったのではないか。

それ以上でも以下でもない桜が等身大の私を取り込まんとするような
はたまた
それ以上でも以下でもない私が等身大の桜であったかのような
効果が、または今年の春だったからこその「いまここに」による効果が
それ以上でも以下でもない六音の結句に
詰まっているようです。

それでは、失礼します。

Posted by: 山本剛 | April 27, 2011 at 03:00 AM

こんにちは。

それ以上でも以下でもなくていまここに桜が咲いて私がゐる/荻原裕幸

について、「私がゐる」は、
わたくしがいる
と読んで七音になりました。

「桜が」(四音)が「私が」にかかってしまったのか、「わたくし」という読みが出てこなかったです。

当然、七音の可能性を合わせて提示するべきでした。
失礼しました。

Posted by: 山本剛 | April 27, 2011 at 02:10 PM

>山本剛さん

コメントありがとうございました。
前を向く、という発想、いいですね。
どこか暗さを抱えてしまう昨今ですが、
私もとにかく前を向こうと思います。
また、作品の感想、感謝いたします。
一人だけではなかなか進まないことが、
感想のことばがヒントになって進みはじめます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

Posted by: 荻原裕幸 | May 06, 2011 at 12:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40919/51400013

Listed below are links to weblogs that reference 桜の街の満開の下:

« 四月になれば日本は | Main | 春の終りの石焼芋 »