« 2012年12月19日(水)/超超天才 | Main | 2012年12月21日(金)/大大晦日 »

December 20, 2012

2012年12月20日(木)/八事忘年

むかしむかし、二十数年前のことになるが、私の短歌研究新人賞の受賞祝を名目に、春日井建さんと新畑美代子さんと三人で、中区の某高級割烹に行ったことがある。春日井さんと新畑さんとはそれぞれ二人で何回か食事をしたことがあるけれど、三人だけで、揃って、となると、そのときだけだったかなと思い出した。塚本邦雄の弟子である私に、春日井さんは、甥っ子に接するような感覚で接してくれていたようだ。新畑さんは、今年の五月のはじめに急逝するまで、三十年近く、弟に接するように厳しくかつ優しく、私のブレーンであり続けてくれた。きょう、十二月二十日は、その二人の誕生日である。

きょうは八事句会の日だった。講師として二回目の参加となる。午後、表山コミュニティセンターへ。兼題は「時雨」。加えて当季雑詠三句。私が出詠したのは以下の四句である。これ見よがしな修辞を一切避けて、素朴な時間空間のなかにことばを着地させるようにまとめてみた。

 ラーメン屋の軒の音する時雨かな/荻原裕幸
 年の差の縮むことなし息しろし
 秒針のあるものないもの冬座敷
 蜜柑あるところにひとの集まりぬ

きょうの一首。自失ということばはあるけれど他失ということばはない。だけど、私たちの日常において、個人差はあるにしても、自己を見失うよりは他者を見失う頻度の方が圧倒的に高いのではないだろうか。十分によく知っているはずの人が、突然少し違う人のように感じられて、何とも言えない複雑な気分になることが、私にはときどきある。

 どこかしらあなたがあなたであることがゆれるひるさがりの冬苺/荻原裕幸

|

« 2012年12月19日(水)/超超天才 | Main | 2012年12月21日(金)/大大晦日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40919/56436166

Listed below are links to weblogs that reference 2012年12月20日(木)/八事忘年:

« 2012年12月19日(水)/超超天才 | Main | 2012年12月21日(金)/大大晦日 »