« 2012年12月28日(金)/瞼上冬日 | Main | 2013年1月1日(火)/春風献上 »

December 31, 2012

2012年12月31日(月)/歳晩更新

大晦日。この数日、とりあえずブログを現在まで更新することに決めて、公開をはじめている。更新早々にアクセスしてくれた人もいるようで、ほんとにありがたいことである。以後の更新についてはまだ何も考えていないが、ときどきここで何かをお見せできればとは思っている。きょうの一首はきょうはお休みすることにした。かわりに、私の短歌を分析してくれた二人の文章を紹介して、ブログ的な私の二〇一二年を閉じることにしようと思う。

八月の話であるが、山田航さんが、自身のブログ「トナカイ語研究日誌」に連載している「現代歌人ファイル」の、その200、として、荻原裕幸、を、四回に渡って執筆してくれた。山田さん、ありがとう。私の過去の歌集には、あたりまえのことながら私の過去が刻まれており、私の意図したことや私自身が表面的には意識できていなかったことがほどよく混合された分析で、とても快く読むことができたのだった。以下の数字は各回へのリンクである。

 現代歌人ファイルその200・荻原裕幸()()()(

九月の話であるが、中村成志さんが、第三十回現代短歌評論賞に応募した短歌評論「湾岸戦争におけるニューウェーブの役割」を、自身のブログ「はいほー通信 短歌編」に、資料付で全文掲載した。中村さん、ありがとう。この論文は、私が、一九九一年に俳句誌「地表」に寄稿し、加筆して歌集『あるまじろん』に収録した連作「日本空爆1991」を主たる題材としてまとめたニューウェーブ論で、私自身もひさしぶりに見た初出誌の複写を資料として添えてある。一つの連作をこうして精緻に読んでもらえるのは貴重であり、歌人として冥利に尽きる。以下、リンクを掲載しておく。

 湾岸戦争におけるニューウェーブの役割()()()()(

|

« 2012年12月28日(金)/瞼上冬日 | Main | 2013年1月1日(火)/春風献上 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40919/56441179

Listed below are links to weblogs that reference 2012年12月31日(月)/歳晩更新:

« 2012年12月28日(金)/瞼上冬日 | Main | 2013年1月1日(火)/春風献上 »