« 2013年1月1日(火)/春風献上 | Main | 2013年1月3日(木)/三日籠城 »

January 02, 2013

2013年1月2日(水)/二日雑感

二日。年末に安倍晋三首相が打ち出した経済政策について、マスメディアが盛んに報じている。明るい印象の報道が多いのは、正月という事情もあってのことだろうか。消去法的な選択で自民党が支持された、とする、各社各局のほぼ統一的な見解を考えると、楽観を警戒してはいるものの、それにしたって期待値が過剰に高いんじゃない? と、腑に落ちないところもあるが、景気回復は人々の気分に左右されるものでもあるし、経済政策を明るい印象で前面に押し出すスタンスに反対ではない。

新年は、日本人にとって五つ目の季節である。太陽の動きを基本とする四季の流れは、行きつ戻りつしながらも、平均すればほとんど一定の速度で、その季節らしさを徐々に深めてゆくわけだが、そうした季節の推移に水をさす期間が年に二つあって、一つは気候的に夏を妨げる梅雨、もう一つは気分的に冬を分断する新年である。わけても新年は、一週間から半月ばかりのわずかな期間ながらも、とりどりの風習に満ちているせいか、どこかしら虚構的な印象のある五つ目の季節として、日本人の季節観に大きな影響を与えているようだ。歳時記でも、新年を、春夏秋冬に次ぐ五つ目のカテゴリーとして採用しているものが多い。これを楽しまない手はないと思う。

きょうの一首。新年のテレビの前でうたたねをしていたところ、どうにも意味のわからない声がひびいて来たので、何だろうと思って目をあけると、バラエティ番組の一場面で、徹底して方言で話す地元の人が何かを力説していた。画面には標準語の字幕が添えられていた。話を理解するためには必要なものかも知れないが、何かしら微妙な違和感もあった。

 二日のテレビが津津浦浦を映しだす東北弁には字幕が入る/荻原裕幸

|

« 2013年1月1日(火)/春風献上 | Main | 2013年1月3日(木)/三日籠城 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40919/56507887

Listed below are links to weblogs that reference 2013年1月2日(水)/二日雑感:

« 2013年1月1日(火)/春風献上 | Main | 2013年1月3日(木)/三日籠城 »