« December 2012 | Main

January 03, 2013

2013年1月3日(木)/三日籠城

三日。寒中見舞を出すのはまだ早いの? と家人が訊くので、今年はたしか五日あたりが寒の入りだから、たぶんそれ以後がいいと思うよ、と答えた。郵便が配達されるのに数日はかかるだろうけど、寒中じゃないのに出すのはやはりどこか変じゃないかな、というような話をして、節気による寒中と暑中の説明をしたら、そういう小ねたってどこで仕入れるの? と訊かれた。小ねた、と言われれば、まあそういうことになるのかも知れないが、でも、何かちょっと違う気はする。

表現や感性に新しさがあろうとなかろうと、自分がいいと感じられない短歌は否定する、と言う歌人は多い。その頑固さに閉口することもあるが、私自身もまた頑固な歌人の一人であり、自分の短歌観を捩じ曲げてまで、新しいだけの作品を諾う気など毛頭ない。ただ、問題は、自分の短歌観をどこまで固定的なものとするか、である。あるとき出会った作品や批評によって、短歌観が大きく変化したという経験は誰しもあるのではないか。個人の短歌観が固定的なものではないということは忘れたくない。歌歴が長くなると、自分の変化が許容しづらくなる。自分の感覚や思惟に基づいて構築したはずの短歌観が、いつの間にか自分の感覚や思惟の変化を抑制する枷になることもある。自分の短歌観を変化させてくれるような作品に出会ったとき、それを見落とさないだけの敏感さや柔軟さは失いたくないものである。

きょうの一首。知らぬ間に日が暮れていた。聞くところによれば、箱根駅伝は今年も大いに盛りあがったらしい。午後の名古屋は雪がちらついたらしい。正月休みと言うけれど、歌人にとって、短歌から離れている日が休みなのだろうか、短歌と向きあっている日が休みなのだろうか、どちらなんだろう? そんなことをぼんやりと考えながら三が日を終える。

 三日に妻が行つたカフェも駅伝の順位も雪も知らずに過ごす/荻原裕幸

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2013

2013年1月2日(水)/二日雑感

二日。年末に安倍晋三首相が打ち出した経済政策について、マスメディアが盛んに報じている。明るい印象の報道が多いのは、正月という事情もあってのことだろうか。消去法的な選択で自民党が支持された、とする、各社各局のほぼ統一的な見解を考えると、楽観を警戒してはいるものの、それにしたって期待値が過剰に高いんじゃない? と、腑に落ちないところもあるが、景気回復は人々の気分に左右されるものでもあるし、経済政策を明るい印象で前面に押し出すスタンスに反対ではない。

新年は、日本人にとって五つ目の季節である。太陽の動きを基本とする四季の流れは、行きつ戻りつしながらも、平均すればほとんど一定の速度で、その季節らしさを徐々に深めてゆくわけだが、そうした季節の推移に水をさす期間が年に二つあって、一つは気候的に夏を妨げる梅雨、もう一つは気分的に冬を分断する新年である。わけても新年は、一週間から半月ばかりのわずかな期間ながらも、とりどりの風習に満ちているせいか、どこかしら虚構的な印象のある五つ目の季節として、日本人の季節観に大きな影響を与えているようだ。歳時記でも、新年を、春夏秋冬に次ぐ五つ目のカテゴリーとして採用しているものが多い。これを楽しまない手はないと思う。

きょうの一首。新年のテレビの前でうたたねをしていたところ、どうにも意味のわからない声がひびいて来たので、何だろうと思って目をあけると、バラエティ番組の一場面で、徹底して方言で話す地元の人が何かを力説していた。画面には標準語の字幕が添えられていた。話を理解するためには必要なものかも知れないが、何かしら微妙な違和感もあった。

 二日のテレビが津津浦浦を映しだす東北弁には字幕が入る/荻原裕幸

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2013

2013年1月1日(火)/春風献上

平成二十五年癸巳元日。毎年のことだが、除夜の鐘が除去し切れなかった煩悩を抱えて正月を迎えた。若い頃にぼんやりとイメージしていた五十歳は、こんな煩悩のかたまりのような存在ではなかったなあと思う。ともあれ、新年である。八月生れの私の、満五十歳の、後半の方を含む一年がはじまった。あなたが、私が、私たちが、日本が、そして世界が、穏やかで明るい方向に動いてゆく、どうかそんな一年でありますように。

義母と義姉と家人と四人、義姉のマンションで初日の出を拝む。日の出前、空全体が明るんで来て、やがて、南東の丘陵のあたりに薄く広がる雲が、オレンジ色に染まった。日が昇りはじめると、丘陵と薄雲は刻々と表情を変える。太陽のかたちがはっきりするまで、じっと見つめていたものだから、しばらく眼のなかに残像があった。外に出ると、西空に有明の月、徹夜をした私は、氏神を祀る近所の神社に四人で参拝したあと、午後までぐっすりと眠る。ほどよいところで目を覚まし、家人のつくる雑煮を食べた。荻原家の雑煮は、白だし系の味で、鶏肉、冬菜、根菜、蒲鉾、銀杏、鰹節、それにお餅が入っている。そう言えば、どこから受け継いだ味なのか、聞いたことも訊いたこともないけれど、十数年来、その雑煮を食べて正月を過ごしているのだった。

きょうの一首。年のはじめの、平凡な一生活者の日常空間である。それ以上でも以下でもないところで、現在的な表現を探る、というのが、昨今の私のスタンスと言えるかも知れない。一昨年の東日本大震災のあと、この傾向はさらに強くなったと思う。変化すべきか、磨きをかけるべきか、迷うところだが、何かそうした二者択一は、根本から間違っている気もする。

 それはしづかな時間の底に鳴りひびく新年のはじめの鍵の音/荻原裕幸

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2012 | Main