October 31, 2005

2005年10月31日(月)

土曜にざっくりとしたメモを書いて、昨日今日で題詠マラソン2005の残りの40首をどうにかまとめた。時間に追われながら書いているなかで、ベストのものを生むのはむずかしいけれど、何か発見をするのはこのような題詠からであることも多い。午後、同朋大学へ。ひきつづき現代の評論文の話。帰り、中村公園の大鳥居の周辺を少し歩く。かなりむかし、仕事でときどき歩いた場所。でももうすっかり街並は変わっていた。川柳誌「バックストローク」12号、総じて元気な雑誌であるが、何よりも、石部明と石田柊馬の文章が冴えている。川柳の内部的な批評のコンテクストがやっと少し見えて来た気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 26, 2005

2005年10月26日(水)

午後、中京大学へ。講座「俳句を楽しむ」の六回目。「めくられてゐる坂道や秋の雲/上田信治」等、俳句誌「里」10月号から何句か紹介させてもらった。今季もこれで折り返し。講義のあと、家人と某百貨店の「大北海道展」へ。そんなに味は違わないだろうと思いながら買った蟹やらじゃがいもやらのコロッケがやけにおいしかった。夕刻からは栄へ。575の会の月例句会。朝日新聞中部版夕刊に詩歌時評のコラム「東海の文芸」が掲載される。400字×約4枚。加藤哲也句集『舌頭』(富士見書房)、丸山進句集『アルバトロス』(風媒社)、春日井建『未青年の背景』(雁書館)、近藤起久子詩集『レッスン』(ジャンクション・ハーベスト)に言及した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2005

2005年10月11日(火)

午前中はかなりのんびり眠ってしまい、起きて急ぎの作業をしようとしたらパソコンが珍しく不調、ばたばたと慌てて、午後、ねじまき句会の例会、愛知県産業貿易館へ。大幅に遅刻してしまった。出席は7人。題詠「無」。定型詩を考えるとき、文体の成熟度と作品の構成がうまく噛みあっているか、が一つの指標になることがあるけれど、ジャンルを超えた作者、たとえば、短歌歴は十年で川柳歴は一年、というような場合、成熟度の表面化が不規則で、混沌とした感触がたちあがる。場としての是非はよくわからないが、ねじまき句会の特徴は、ぼくを含めて、この混沌とした感触の作品が多いことかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2005

2005年9月27日(火)

涼しいと言うよりも冷えた感じの朝だった。名古屋ではやっと最低気温が二十度を切ったのだという。秋の冷えこみがこれだけ遅いのは歴史的な記録らしい。加藤治郎さんの『短歌レトリック入門−修辞の旅人』と川柳作家の丸山進さんの第一句集『アルバトロス』がともに風媒社からリリースされている。加藤さんの入門は、NHKの冊子での連載時から本になるのを楽しみにしていたもので、私的な感覚で言うなら、彼の歌人としてのもっとも良い資質、新しい素材に伝統の根を見つけてそれに光を与える、が十全に展開されている。丸山さんの句集は、情念やヒューマニズムや私性といった従来の川柳の場以外のところに川柳の存在意義をしっかりと構築した楽しい作品群に満ちている。ぼくは「由緒正しいユーモア」と題した栞文400字4枚半を書いた。そう言えば、執筆メモもまとめないといけないが、それはまた後日にでも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2005

「東海の文芸」を執筆

4月27日付の朝日新聞夕刊、中部版学芸面のコラム「東海の文芸」に、詩歌句を対象とした時評約2000字を執筆した。対象にしたのは、水尾佳樹さんの企画した三月十二日の名古屋市中区でのポエトリーリーディングのイベントならびにそこで朗読された若原光彦さんの作品。それから、川柳誌「緑」の臨時増刊号として刊行された渡辺和尾さんの個人誌「青い実」の復刻版。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2005

2005年3月16日(水)

きょうは暖かかった。体調はまずまず。もろもろの歌集を読み漁る。求めているイメージにあう作品を探して、まさに漁るという感じで読む。俳句誌「里」3月号が届く。特集は「柳人は俳句をどう見、どう読んでいるのだろうか」。樋口由紀子さんが俳句を書くのに四苦八苦した体験をまとめた「詠めばわかる」等、実感的でおもしろい川柳作家の俳句観がそこにあった。夜、題詠マラソンの作品を書く。サラダ、時、発見、鞄、の4首を投稿。あと92首。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2005

ねじまき句会・第13回記録

ねじまき句会、第13回の記録を公開した。今回の題は「森」。それと雑詠。新しいメンバーとして米山貴美子さんが参加。それぞれが無記名詠草から四句を選んだ。過去の記録もリンクを順にたどってすべて読めるようになっている。
http://www.sweetswan.com/nejimaki/new.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2005

2005年3月8日(火)

きのうは、午前7時台の新幹線で上京。町田市の斎場で、3日に急逝した家人の叔母を弔う。おだやかな青空、斎場のまわりには、雪が少し残っていて、椿が小さな花をたくさん咲かせていた。口をひらくとつらくなるので、ぼんやりとあたりを眺める時間が多くなる。家人の叔母とは、結婚前から懇意にしていて、家族という感じに近い人だった。どうにもきもちの整理がつかない……。夕刻、神保町に出て、仕事の打ちあわせ。打ちあわせ先の編集部に、知人たちが大勢居あわせて、とてもおだやかな気分になる。打ちあわせを終えてさらにもう一件。ぎりぎりの時間まで話して、最終の新幹線で帰名。長い一日となった。きょうは、午後からねじまき句会。出席者は10名。新しいメンバーが一人加わって、在籍者は14名となる。今回から題詠一句と雑詠一句、計二句の出詠とした。じっくりと詠草を読む時間がとれた。句会終了後、有志で食事。夜、帰宅。Mさんから原稿の件でメール。概要をまとめて返信。きのうの打ちあわせの内容を微調整して担当のOさん宛にメール。さらにIさんから雑誌の企画の件でメール、諸事情でなかなか着地点が決まらないらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2005

ねじまき句会・第12回記録

ねじまき句会、第12回の記録を公開した。今回の題は「春」。それと雑詠。出席者も欠席者も各自それぞれ無記名詠草から五句を選んだ。過去の記録もリンクを順にたどってすべて読めるようになっている。
http://www.sweetswan.com/nejimaki/new.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2005

2005年2月1日(火)

二月。寒い一日。冬がきわまってゆく感じ。午後、丸の内へ。ねじまき句会の例会。風邪で休んだ人も多く、今回の出席者は新しい人1人を含めて8人。ただし出詠率は100%なので計52句が集まった。短歌や俳句にくらべると、川柳の読みは掴みどころを探すのがむずかしいなと思いながら司会をする。終了後、有志で食事。みんなでふるえながら、店を探して丸の内から栄まで歩く。夜、帰宅間際に雪がちらつきはじめる。帰宅するとなかはられいこさんから電話。岐阜の雪はすごいよー、と、雪自慢をされる。全国的に雪に覆われてゆくらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)