October 28, 2005

2005年10月28日(金)

先週末から慌ただしい一週間だった。どうにか落ち着くかなと思ったら、題詠マラソンの投稿締切が次の月曜である。あと40首か……。「現代詩手帖」11月号が届く。短歌時評「うたの凹凸」と特集「岡井隆 来たるべき詩歌」に一首鑑賞を寄稿した。この特集、ある程度の予想はしていたが、予想していた以上に面白い。ざっと通読して、それから熟読をはじめる。結社誌「短歌人」11月号が届く。特集「猫と短歌」というタイトルに惹かれて読みはじめると、生沼義朗さんと斉藤斎藤さんが、文中でぼくの猫の歌に言及してくれていた。感謝。小学館のドラえもんルームから郵便が届いて、何かと思ったら枡野浩一さんの『ドラえもん短歌』だった。ドラえもん題詠集。こんな歌、いいな。

ジャイアンがもうこの町にいないのは空き地が消えたせいなのだろう/佐々木あらら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2005

2005年10月26日(水)

午後、中京大学へ。講座「俳句を楽しむ」の六回目。「めくられてゐる坂道や秋の雲/上田信治」等、俳句誌「里」10月号から何句か紹介させてもらった。今季もこれで折り返し。講義のあと、家人と某百貨店の「大北海道展」へ。そんなに味は違わないだろうと思いながら買った蟹やらじゃがいもやらのコロッケがやけにおいしかった。夕刻からは栄へ。575の会の月例句会。朝日新聞中部版夕刊に詩歌時評のコラム「東海の文芸」が掲載される。400字×約4枚。加藤哲也句集『舌頭』(富士見書房)、丸山進句集『アルバトロス』(風媒社)、春日井建『未青年の背景』(雁書館)、近藤起久子詩集『レッスン』(ジャンクション・ハーベスト)に言及した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2005

2005年10月14日(金)

午後、次号の「現代詩手帖」のゲラを読む。最終の校正。11月号は、短歌時評の他、岡井隆特集に短いエッセイを書いた。現代詩誌で岡井さんの特集が組まれるのは、思潮社が全歌集の版元だという販促的側面もあるにはあるけれど、作家に対しても雑誌に対しても、あらためてすごいなあと感心する。短歌誌や俳句誌で隣接ジャンルの作家特集を組むのはかなりな困難を伴うだろう。現代詩ももちろん短歌や俳句と同じくジャンルとして特化され細分化されてもいるが、微妙に違うのは、つねに、束ねる者、としての意識があることか。これは、第二クールに突入した田中庸介さんたちの詩誌「」を読んでも感じていた。ちなみに、短歌や俳句は隣接ジャンルに対して、競う者、としての意識があると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2005

2005年9月27日(火)

涼しいと言うよりも冷えた感じの朝だった。名古屋ではやっと最低気温が二十度を切ったのだという。秋の冷えこみがこれだけ遅いのは歴史的な記録らしい。加藤治郎さんの『短歌レトリック入門−修辞の旅人』と川柳作家の丸山進さんの第一句集『アルバトロス』がともに風媒社からリリースされている。加藤さんの入門は、NHKの冊子での連載時から本になるのを楽しみにしていたもので、私的な感覚で言うなら、彼の歌人としてのもっとも良い資質、新しい素材に伝統の根を見つけてそれに光を与える、が十全に展開されている。丸山さんの句集は、情念やヒューマニズムや私性といった従来の川柳の場以外のところに川柳の存在意義をしっかりと構築した楽しい作品群に満ちている。ぼくは「由緒正しいユーモア」と題した栞文400字4枚半を書いた。そう言えば、執筆メモもまとめないといけないが、それはまた後日にでも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2005

「現代詩手帖」5月号に執筆

「現代詩手帖」5月号が届いた。短歌時評「うたの凹凸」の三回目。「NHKの短歌観」と題して、400字×3枚を執筆。三月十九日のNHKスペシャルで放映された「ケータイ短歌 空を飛ぶコトバたち…」の率直な感想、と言ってたぶんさしつかえない内容だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「東海の文芸」を執筆

4月27日付の朝日新聞夕刊、中部版学芸面のコラム「東海の文芸」に、詩歌句を対象とした時評約2000字を執筆した。対象にしたのは、水尾佳樹さんの企画した三月十二日の名古屋市中区でのポエトリーリーディングのイベントならびにそこで朗読された若原光彦さんの作品。それから、川柳誌「緑」の臨時増刊号として刊行された渡辺和尾さんの個人誌「青い実」の復刻版。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2005

「短歌」5月号に執筆

角川書店「短歌」5月号が届いた。特集は「栗木京子」。「愛誦性を超えて−栗木京子の言葉の位相」と題して400字×10枚を執筆。『水惑星』『中庭』の作品を中心に、ことばをめぐる栗木さんの方法意識について、感じていることをシンプルにまとめてみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2005

「Judy」6月号に執筆

小学館の女性向けコミック誌「Judy」6月号が届いた。「表紙の短歌」の選および解説コラム「三十一文字のJudyたち」の掲載第一回目である。今回は五十嵐きよみさんの第一歌集『あなたに似た人』から「まっさらに戻って一から始めたい他人の記憶の私を消して」を紹介した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2005

「現代詩手帖」4月号に執筆

「現代詩手帖」4月号が届いた。短歌時評「うたの凹凸」の二回目。「女歌の時代が残したもの」と題して、400字×3枚を執筆。青幻舎から刊行された『永井陽子全歌集』を題材に、永井陽子的な女歌の文体と現代の自己像をめぐる不全感の強い文体との酷似について言及した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2005

「短歌往来」4月号に執筆

ながらみ書房から「短歌往来」4月号が届く。岡井隆歌集『馴鹿時代今か来向かふ』の書評「時の流れと方法意識」を執筆した。400字×3枚半。文中で触れる余裕がなかったが、このところの石井辰彦さんとの編集や朗読企画を通じての岡井隆さんの方法意識の突出が、この私的な時の流れをフレームとするタイプの歌集にも、弾み、のような感触を与えているのではないかと推察される。ここに付記しておく。また同号の、菊池裕さんの「マルチメディアと短歌のゆくえ」では『短歌、WWWを走る。』の解題文に、鈴木竹志さんの「歌誌漂流」では「井泉」創刊号の「秀歌と愛誦歌とリアリティ」に、それぞれ教導的に言及してもらえた。考えを進めてゆく参考にしたいと思う。感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧