October 23, 2005

第4回歌葉新人賞/公開選考会

第4回歌葉新人賞の公開選考会を開催します。
みなさんぜひご参加下さいますようよろしくお願いいたします。

【日時】2005年10月23日(日)13:30〜17:00(受付13:00〜)
【会場】Coco de sica青山 セミナールーム
    東京都港区南青山2-24-15 青山タワービル13F
    電話03-3402-1851
    ※地下鉄銀座線外苑前駅 渋谷方面1b出口
    http://www.coco-de-sica.com/rental/aoyama_map.htm
【選考委員】荻原裕幸、加藤治郎、穂村弘
【司会】斉藤斎藤
※第4回歌葉新人賞候補作について充分に討議をし、
 選考委員の合意により、受賞作品を決定いたします。

【参加費】1,500円
【参加申込先】佐藤りえ(fragile@fun.cx
※参加を希望される方は、事前にメールでお申込み下さい。
 万が一満席の場合、折り返しご連絡させていただきます。

【主催】コンテンツワークス株式会社、エスツー・プロジェクト
【協賛】風媒社

※選考の経過は、下記リアルタイム・スペースで公開されています。
 http://www.sweetswan.com/utanohabbs/

●当イベントの受付は満席につき終了いたしました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 26, 2005

2005年9月26日(月)

午後、後期に一科目だけ担当することになった講義の初回、同朋大学へ。ずいぶん涼しくなったが、スーツを着て歩いているとまだ汗ばむ感じがある。講義終了後、風媒社で校正のチェックをしてから帰宅。と、日記に類する文章を書き綴りながら日付を見ると、実に四か月のブランクがある。6月上旬までは、どうしてもまとめておきたい、依頼ではない仕事にふりまわされていた。そちらがまとまるのとほぼ同時に塚本邦雄さんの訃報が届いた。以後、依頼以外の作業にはほとんど手がつかなくなってしまった。私的な状況を与えると、ことばがすべて重く暗く湿っぽくなるからだった。悲しみというのは、それなりにポジティブなものだと思うが、虚脱状態というのは、ネガティブなものをつぎつぎに引き寄せるらしい。この時期になって、底はどうにか脱した気がするので、更新は滞りがちになるかも知れないけれど、ブログを再開することにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

2005年5月10日(火)

日記の更新は一か月ぶりとなる。日記だというのに下書きをする習慣があり、なまじ下書きをためこむと更新がいよいよ大変になり、そうこうしているうちに心身の不調を心配してくれる人もあらわれ、これはきちんと再開せねばと思ったままさらに時間は流れた。そんなわけで下書きの分はとりあえずあきらめる。日記は一か月だったが、髪が三か月も伸びっぱなしだったので、夕刻、美容室へ。スタッフの一人に、おひさしぶりです、と挨拶されてしまう。夜、今週末に東京で批評会を予定している高木孝さんの第一歌集『地下水脈』を再読する。執筆メモなどは近々まとめて更新することにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2005

題詠マラソン2005/参加受付終了

題詠マラソン2005の参加受付が本日正午に終了した。参加者の総数は、昨年を大きく上回る563名。参加人数の増加や顔ぶれの微妙な変化が、企画にどんな影響を及ぼすのか、楽しみである。3月1日から8か月の投稿期間に入る。

▼題詠マラソン2005/会場
http://www.sweetswan.com/daiei-2005/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2005

題詠マラソン2005/参加受付スタート

題詠マラソン2005の参加受付がはじまりました。題詠マラソンは、今年で三回目の企画となります。楽しく有意義に活用していただければ幸いです。みなさんのご参加をお待ちしております。

▼題詠マラソン2005/会場
http://www.sweetswan.com/daiei-2005/
▼題詠マラソン2005/ルール
http://www.sweetswan.com/daiei-2005/rule.html
▼題詠マラソンBBS/給水所
http://www.sweetswan.com/daiei/bbs.cgi
▼題詠マラソン2004/会場跡(記録)
http://www.sweetswan.com/daiei-2004/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2005

sweetswan.comの接続障害/復旧

2005年1月24日(月)16:10〜18:35、sweetswan.comの接続障害で、同ドメイン下のサイトに一切アクセスができませんでした。ご利用各位にはご迷惑をおかけしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2005

デジタル・ビスケット、リニューアル。

ひぐらしひなつさんが、荻原裕幸公式サイト「デジタル・ビスケット」の構成とデザインをリニューアルしてくれました。もともときれいなデザインだったのですが、新しいのもきれいです。感謝。近々、ひぐらしさんによる荻原裕幸インタビューが掲載されはじめる予定。しばらくはこの企画が同サイトのメインになると思います。ご覧いただければ幸いです。
http://www.ne.jp/asahi/digital/biscuit/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2004

記念日俳句

日本記念日協会と里俳句会との共催で「記念日俳句」がスタートした。記念日による題詠を自由投稿。櫂未知子さん、島田牙城さん、仲寒蝉さん、媚庵(藤原龍一郎)さん、宮崎二健さんの5人が定期的に選句をおこなう企画。ぼくは、計3会場のセッティング等、ウェブ管理をひきうけている。詳しくは下記を。
http://www7.ocn.ne.jp/~haisato/kinenbi-home.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2004

第3回歌葉新人賞/決定

昨日の公開選考会の結果、第3回歌葉新人賞は、しんくわさんの応募作「卓球短歌カットマン」30首に決まった。公開選考会への参加者は40名弱。途中に二度の休憩を挟み、討議は3時間に及んだ。前回と同じスタイルで、討議の半ばに選考委員各自が推薦作を三篇に絞る投票をする。票数において上位となった二篇を対象に再討議。各自が推薦作を一篇に絞る投票の結果、満票を得た「卓球短歌カットマン」の受賞が決まった。過去二回と同じく、結果として、大胆な印象の選考になった気がする。ただ、公開選考会での選考委員の態度は逡巡に満ちたものだった。加藤治郎さんと穂村弘さんの胸の内まではわからないけれども、ぼくたちは、責任をもって遠いところへ行きたかったのだと思う。さらに私見を付記すれば、そこが本当に遠いところであるとすれば、その遠さを得ることができたのは、作者、応募者、閲覧者をも含めた、歌葉新人賞という場に集う力のおかげだろう。選考委員は、場の力のもっとも強く作用する方向を確かめる、そんな役割を担っていたのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2004

第3回歌葉新人賞/候補作公開

第3回歌葉新人賞の候補作を公開しました。一覧のURLは以下の通りです。
http://www.bookpark.ne.jp/utanoha/kikaku5/kouho3kai.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)